2022年7月24日(日)森本美帆ピアノコンサート報告

クリニックなのに病気の話や診療の案内が全く出てこないという声もチラホラと耳にしますが、そのうち書きたいと思います。

森本美帆さんはまだまだ手のかかる2才児を抱えつつ生徒さんのレッスンもこなし、他にもアンサンブルなど公演を行いながらのソロコンサートでした。全くもって超人としか言いようがありません。いつまでも終わらないコロナ禍で宣伝を控えさせ頂きましたが、お客様は少なめでソーシャルディスタンスを保っての演奏会となりました。

ハンガリーの国立リスト音楽院出身であり、国際リストコンクールファイナリストということでリスト中心の選曲でした。曲の間にはトークも交え、そこで1つ1つ解説やエピソードを話したりしながら飽きさせません。患者さん相手ということもあり聴きやすい曲を選曲されただけでなく、愛とか夢とかのテーマをもったプログラムということでしたが、さらには泌尿器科ということでエステ荘の噴水という選曲を思いついたそうです。サン・サーンス=リストの死の舞踏など難曲も難曲と全く感じさせず音楽をストーリーとして聴かせるテクニックもお見事でした。

最後にいつもしゃしゃり出てくる院長です。今回はハンガリーのリスト音楽院出身のみほさんということで、ブラームスのハンガリー舞曲より第5番と第6番。みほさんが音楽の流れを絶妙にコントロールしてくれるので大変合わせやすく、楽しく演奏させて頂きました。

ところでコンサートはいつも13時半からですがピアニストには午前中にはお越し頂き、2時間ほどリハーサルの時間となっております。お昼ごはんはこちらでご用意しますが、今回はうなぎ丼と院長手作りの焼売でした。舞台本番前は緊張して食べられないという方も多いのですが、うなぎ丼をしっかりと完食された上に私の焼売もたくさん召し上がって頂きました。

次回以降の予定です。
9月27日(火)13時半 院長ミニコンサート
10月10日(月祝)荒石果穂さん
11月13日(日)芹澤佳司さん
12月11日(日)萬谷衣里さん
1月22日(日)前田美和さん

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。